ペニス増大ポンプって何?
気になる特徴や効果を解説

ペニス増大ポンプは手術をしなくてもペニスや亀頭を大きくすることができ、ペニス増大サプリと合わせて使われることが多い器具です。
そもそもペニス増大ポンプとはどんな器具なのか、またどんな仕組みで増大するのか気になりませんか?
ここではペニス増大ポンプの種類や特徴、増大の仕組みについてご紹介しましょう。

ペニス増大ポンプの種類は3種類

ペニス増大ポンプはシリンダー型(筒状)の増大器具で、シリンダー内の空気や水を抜いてペニスを吸引することで増大できる器具です。
大きく分けて3種類のペニス増大ポンプがあるので、それぞれの特徴を見てみましょう。

手動式

自転車の空気入れのようの手動で空気を抜いていくタイプです。
シリンダーのメーターが表示されているので、適切な空気圧をかけることができます。
アナログな方法ですが壊れにくく、また価格もリーズナブルなので初心者も手が出しやすいタイプと言えるでしょう。

電動式

自動でシリンダー内の空気を抜いてくれるタイプなので手動よりも楽に使用でき、吸引力は手動よりもパワフルなので勃起力の向上効果にも期待できます。
手動式の上位モデルとなるので価格は高めですが、安定した増大効果を発揮してくれます。

水圧式

水中式はシャワーや湯船の中で使うと、その水圧によりペニスや亀頭を大きくすることができるタイプです。
事前に体を温めて血行を良くしてから使用するので、より高い効果に期待できます。
空気圧に比べて吸引力が少し弱まりますがローションなしで使用でき、ペニスを均等に吸引することも可能です。

ペニスの血流を良くして増大を促す

ペニスや亀頭の増大を図るためには血流を良くすることが大切で、ペニス増大ポンプは外側から血流促進をアプローチできる仕組みとなっています。
シリンダー内の空気や水を抜くことで発生する圧力により、ペニスが引っ張られ、血液がペニスや亀頭に集中して流れ込むことで増大を図ります。
このトレーニングを繰り返すことで血流は改善され、ペニスを逞しく鍛えられるでしょう。

 

ペニス増大サプリには血管増強効果や血流を促す効果のある成分が含まれているので、ペニス増大ポンプと合わせて使えば、より大きな増大効果に期待できるでしょう。
途中で中断すると元のサイズに戻ってしまうケースもあるようなので、ペニス増大ポンプやペニス増大サプリは継続して使用することをおすすめします。

 

選び方や使い方に注意しよう

ペニス増大ポンプを使用するとペニス本体や亀頭よりも包皮にダメージが加わりやすく、使いすぎや強い力を当て続けるとむくんでしまうことがあります。
包皮がむくんだままの状態でペニス増大ポンプを使用すると少しずつ伸びていき、包茎を悪化させてしまう可能性もあるので、むくんだ時は一度使用を中断し、むくみが取れたら再開するようにしましょう。
また、ペニス増大ポンプの使いすぎは亀頭が鬱血する原因にもなるので注意してください。

 

包皮の伸びは使用頻度や力加減だけではなく、ペニス増大ポンプのサイズが原因になることもあります。
自分のペニスより長過ぎたり太すぎたり、サイズが合わないペニス増大ポンプを使用すると、包皮だけ吸引されて伸びてしまうので、自分のサイズに合ったものを選びましょう。

 

なお、シリンダーのサイズはペニスを長くしたいのか、それとも太くしたいのかによって選び方が少し変わってきます。
ペニスを長くしたい場合は、亀頭の径より約3mm太いサイズを選ぶと、空間に余裕がなくなるのでペニスは上に引っ張られやすくなり、長さを出すことができます。
一方、ペニスや亀頭を太くしたい場合は亀頭の径より約8mm太いサイズを選ぶことで、横に引っ張られる力が加わり太さを出せるようになるでしょう。

 

 

ペニス増大ポンプは手術なしで手軽に増大を図れる便利な器具ですが、サイズの選び方や使い方を間違えると亀頭の鬱血や包茎の悪化するリスクがあります。
安全かつ効果的に増大を図るために適切なサイズを選び、各器具の説明書通りに正しく使うようにしましょう。
また、効率良くペニスや亀頭を大きくしたい方は、ペニス増大サプリとの併用がおすすめです。

 

トップへ戻る